【鶴ヶ島】麺処元気屋の濃厚つけ麺は旨味と甘み、酸味のバランスが素晴らしい

  • 2019年4月6日
  • 2019年5月18日
  • その他
  • 49View
  • 0件

こんにちは、ラーメン大好きマサムネです。

今回ご紹介するのは埼玉県鶴ヶ島市の東武東上線の若葉駅から徒歩12分、藤中学校近くにある麺処元気屋です。以前はじょんがらラーメンがあった所になります。麺処元気屋も女子栄養大付近にあったので移転前から知っている方も多いかもしれません。

麺処元気屋は自家製の麺を使用しており小麦も100%国産、しかも坂戸産という地元にこだわった麺で毎朝作っているのが特徴です。スープも鳥とサバ節、いわし煮干しを使用しておりドロリと旨味を凝縮させた味はクセになります。

店舗はカウンター10席とテーブル6人掛け、2人掛けが2卓となっており、子供を連れての来店も可能となっています。

駐車場も店舗前と店舗裏で12台分ありますが、裏に止める場合は店員に一声かけてほしいとの事です。

では、麺処元気屋の濃厚つけ麺(特製)についてレビューしていきます。

濃厚つけ麺(特製) 1,150円
 

 

ハナマンテンを使用した自家製麺

毎朝作っているというこだわりの麺はモチモチとした程よい歯ごたえとツルリとしたのど越しが感じられる太麺です。しっかりとした存在感があるので、まさに麺を食べている感じが良いですね。

使用している小麦は坂戸産のハナマンテンという品種でコシと旨味が特徴ですが、しっかりと麺処元気屋の麺で感じることができます。その上で地産地消なのは好印象です。

スープともよく絡む太さですので思った以上に箸が進みますので、満足感は十分に味わえますよ。

大盛(300g)と2倍のW盛(400g)も無料です。がっつり行きたいときには堪らないものがあります。

濃厚なだけではないコクが深いスープ

かなりドロリとしたタイプのスープでまさに濃厚。かといってしょっぱすぎずに鳥と魚介の旨味を引き出しているバランス感覚には脱帽です。

また甘みと軽い酸味が合わさってクセになる旨さなので、大盛にした麺もぺろりと平らげてしまえるほど。新宿にある風雲児というつけ麺屋さんでも同じ感覚を味わったので、近いものがあるのかもしれません。

魚介の風味がありながらも臭みは感じられないので濃厚系が苦手な方でも試してみる価値があります。お勧めです。

まとめ

麺処元気屋はつけ麺だけに留まらず、台湾まぜそばや油そば、果てはラーメンまで各種取り揃えているのも特徴でそれぞれが高いレベルにまとまっています。

具材に関してもトロリとしたチャーシューや卵など妥協を感じさせないレパートリーとなっており飽きさせません。

ただ濃い目のメニューが多いのでガッツリ系が好きな方には絶対おすすめですが、複数人で来店する場合は好みが分かれて行きづらいのではないかと躊躇するかもしれません。

その場合でもあっさりした醤油らーめんも用意されているのでご安心ください。煮干しラーメンも出汁が濃いのですが比較的広い層に受け入れられる味かと思います。

密かに駐車場にある自販機で購入したドリンクに限り持ち込み可能との事ですので、禁断のジュースを飲みながらつけ麺やラーメンなんてことも出来ちゃいます。
味がわからなくなりそうでマサムネ的にはお勧めしませんけど。。。

このほかTwitterでフォロワー限定のメニューを提供しているのでリピーターは要チェックですね。

ではまた次の記事でお会いしましょう。マサムネでした。

 

 
マサムネ
都内のつけ麺にも引けを取らない美味さだぜ!一度食ってみてくれ!
子連れ:お店の雰囲気とは裏腹に、テーブル席は子連れ優先になってるので利用しやすい。

 

住所:埼玉県鶴ヶ島市藤金274



営業時間:11:00〜14:00 18:00〜21:00

定休日:月曜夜、火曜