【鶴ヶ島】麺屋信玄の和風らーめんはアッサリなのにコクが深い

  • 2019年3月13日
  • 2019年5月18日
  • 醤油
  • 173View
  • 0件

こんにちは、ラーメン大好きマサムネです。

今回ご紹介するのは埼玉県鶴ヶ島市の本格らーめん店、麺屋信玄のラーメンになります。

最近のラーメンは濃い味のラーメンが多く、またこのパターンかといった残念な巡り合わせを感じている方も多いのではないでしょうか。

ご紹介する信玄の和風らーめんは、まず見た目からスープに透明感があり具材の配置と合わせて、上品な和を感じさせる作りになっています。

化学調味料も不使用の本格的なラーメンで女性やお子様にも安心して食べていただける作りになっています。

店舗は駐車場が少なめなので、車でお越しの際には早めの来店をお勧めします。

店内はカウンター席のみとなっておりますが、隣の席との間隔は十分あるので男性客が並んで食べる場合にも余裕をもって座ることができます。

また子供を連れて食べに行く場合でも、子供用の椅子が用意されているので安心です。

では麺屋信玄の和風らーめんについてレビューしていきます。

和風らーめん 730円
 

スープがアッサリしているのにコクが深い

透き通ったスープはアッサリしているのにしっかりとしたコクがあり、アッサリしたラーメンにありがちな物足らなさは一切ありません。

魚介による出汁が効いている為、醤油ラーメンの旨味を一層引き立てています。また味の濃さも絶妙で次から次へと蓮華を口に運んでしまうのを止められません。

この和風らーめんを注文した時は必ず完飲してしまう程です。

皆さんもこのラーメンを味わう際には是非スープから味わってみてください。蓮華が止められない感覚が分かっていただけるはずです。

チャーシューを始めとした具材が素晴らしい

続いてトッピングされている具材についてですが、チャーシューとシナチクの他に海苔とネギが載っており色どりも良く食欲をそそられます。

チャーシューは厚みもあり単に柔らかいだけでなく程よい歯ごたえもあり、噛むことでじゅわっと肉の旨味とスープの旨味がコラボして口の中に広がっていきます。

シナチクは子気味の良い歯ごたえを感じさせてくれます。味もしっかりとしみているのですが不思議としょっぱいと感じることもなく爽やかな味わいが特徴的です。

ラーメンに入っている海苔は色と風味が絶妙で、スープに浸すことで別の食べ物ではないかと疑うほどジューシーさを感じさせ、香りとともに口内を満たしていくのです。

またネギが多めに入っていることでラーメンドンブリというキャンパスを引き締めるアクセントとなっています。ネギ特有のシャキシャキ感と軽い苦みが良い意味で味変を起こしてラーメンを飽きさせることなく食べさせてくれます。(ネギにありがちな嫌な辛みはありません)

スタンダードなメニューである和風らーめんでも一切の妥協を感じさせません。店主のこだわりを一品一品感じさせて貰いました。

まとめ

今回ご紹介した信玄の和風らーめんはいかがでしたでしょうか。

多くのラーメンを堪能してきたマサムネですが、こちらの和風らーめんはリピート回数も多く、幅広い年齢層にお勧めできる一品だと思います。

また和風らーめんの全部入りに相当する、信玄和風らーめんというメニューがありますが、鳥チャーシューとローストビーフ風のチャーシューが追加され、余すことなく麺屋信玄を堪能できるメニューです。

鳥チャーシューは油よりも肉のうまみを感じさせる作りになっており、女性好みの味わいです。

ローストビーフ風の低温製法チャーシューは、豚チャーシューと鳥チャーシューとは全く違った作りとなっており、油と肉のバランスが程よくしっとりとした旨味を作り上げています。全てのチャーシューに言えることですが、スープとの相性もバッチリで同時に味わって頂ければより深い旨味を感じられることでしょう。

是非和風らーめんを堪能した後は、リピートして信玄和風らーめんもご賞味ください。

では次の記事でお会いしましょう。マサムネでした。

アパートの下にある店舗です。
店の左側が駐車場になっています。

和風以外にも豚骨やつけ麺、カレーやレモンなどメニューが豊富です。

こちらが信玄和風らーめん(全部のせ)です。
3種のチャーシューが味わえる贅沢な一品!

 

 
マサムネ
麺屋 信玄は子連れでも食事しやすく、女性も入店しやすいぜ!

子連れ:子供用の椅子、取り皿の用意あり。席の間隔も余裕があるので連れて行きやすい。

女性向け:店内は清潔感あり。座席も余裕がある作りなので隣が気にならない。味のバリエーションも豊富。

 

住所:埼玉県鶴ヶ島市新町3-1-21



営業時間:11:30~15:00 18:00~21:00

定休日:毎週木曜・第3水曜(第3水木は連休)